葬儀に関する情報が満載!

そして別れ・・・ / ロゴ

葬儀で用意される食事とは

葬儀・告別式の終了後、食事会が行われるのが一般的です。
故人との思い出話をしながら故人を偲ぶことと、お手伝いをしていただいた方々への感謝の意味があります。
数の手配が必要なので、会食に参加していただきたい方へ事前に連絡しておく必要があります。
内容や回数は地域や宗教によって異なるようです。
例えばもっとも多い、仏式の場合、お通夜の後の「通夜振る舞い」では、人数の変動にも対応しやすいように、寿司や揚げ物などが大皿で出されることが多くなっています。
葬儀・告別式の後、火葬となり、火葬中は喫茶設備のある施設では、飲み物や軽い軽食が出されることがあります。
遠方から来られる親戚などに配慮し、初七日法要を火葬後に済ますことも近年増えており、その際出される食事を「精進落し」と言います。
元々は49日までは野菜中心の精進料理のみをいただいていたため、このような名前がついていますが、近年では、告別式と同日に行うことが多くなり、魚や肉も出される会席になっていることが多くなっています。

葬儀のときの食事の原則としては

葬儀のときには、食事を出すことが多いです。
まず、あくまで原則的には宗教にもよりますが、忌み日になりますから、肉は駄目です。
肉というのは、魚肉も入るわけですが、そこまで気にされていないことが多いです。
しかし、本来は駄目である、ということは知っておいたほうが良いですが、それでも多くは寿司を出します。
そもそも名称から見て、寿司には寿と言う言葉が入っていますから、葬儀に相応しい食べ物ではないことはわかるでしょうが、それでも見栄えや来てくれた人のために用意するところが多いです。
但し、言葉として寿司ではなく、鮨を使っていることもあり、その程度の配慮はするべきです。
基本的には来てくれた人に残りを心配されるような量にはしないほうがよいです。
それこそ、山のように用意するのが、基本になります。
飲み食いが目的ではないですが、それでも多くの人が食べることを躊躇わないように大量に良いしておくのが作法でもあります。
鄙のほうがその傾向が強いです。

recommend

おしゃれなフロアタイル

Last update:2018/4/2

『葬儀 食事』 最新ツイート

@mintie_violet

まあどんな美味しい食事してもらう1万も推しの弾ける笑顔にはかえれんな(推し美味しいもの沢山食べて〜)(ここで棺を購入)(葬儀場を予約)(火葬)

12時間前 - 2018年09月24日


@yoccham15

母と友人と食事してきて母が「もう折り返しだし、終活を考えないとなのよね…」とか言い出して隣の友人が「私は今から考えてます。どうやって最後を迎えようか~は~人生長い~」って言っててつい「わかる~この前友人(別の)と葬儀の話で盛り上がったんだよね~」という流れでしんどかったんだけど

12時間前 - 2018年09月24日


@sakiokayuu

叔母の葬儀も終わり、旦那家のお彼岸の食事会まで済ませた。 なんつーか、昼から酒飲んで夜まで吞みっぱなし?😅

14時間前 - 2018年09月24日