葬儀に関する情報が満載!

そして別れ・・・ / ロゴ

葬儀の服装と香典の送り方について

まず葬儀の服装におきましては、男性なら上下黒のスーツに白のシャツ、黒のネクタイでほぼ通ります。
靴はなるべく地味で光沢のないものがよいです。
女性については黒地の服装で長めのスカート、さらに薄めの化粧・マニキュアをつけない、などが条件になってきます。
また男女共通ですが、派手なアクセサリーや時計は外しておくのが無難です。
香典については、相手方の宗教を事前に調べることが出来れば良いのですが、できない場合は熨斗袋に「御霊前」と書いてあるものを出せばたいていは通ります。
ただし浄土真宗は使えません。
また熨斗袋に蓮の花が入っているものは仏教限定です(逆に仏教であることがはっきりしていればこの熨斗袋がベストです)。
香典を出すのは通夜もしくは葬儀の時です。
通夜より前に弔問に伺うときは、そこで通夜などに出席するかどうかを決め、あらためて持っていく形になります。
また都合により通夜・葬儀どちらも参加できない時、郵送にて香典を送ることも可能です。
送る際は袋にお金を入れ、さらに現金書留の封筒に入れ送るのが一般的です。
お悔やみの言葉を書いた手紙も同封を忘れないようにしましょう。

葬儀の香典にも相場がありますが

葬儀の香典にも相場がありますから、そこはよく知っておいたほうが良いです。
しかし、葬式と告別式、通夜などを別途でやることもありますし、その時々に渡す場合もありますし、1回でよいときもあります。
それが微妙に地域によって違うことになりますから、よく調べておいたほうが賢明です。
多い分にはまったく問題ない、と思っている人もいますが、それも状況によって違うことになります。
例えば、会社ぐるみでいくときには、上司よりも多めに包むことがとてもいけない場合もあるわけです。
こうした状況もあり、かなり大変な行為ではあります。
基本的な考え方としては、まずは近しい人の葬儀には多めに包む、ということを知っておくと良いです。
あくまで一例ではありますが、近所の付き合い程度であれば、数千円で良いですが、親類であれば、万単位であるのが常識です。
しかし、人によって、懐具合も違うことになりますから、そこもよく検討して決めることです。

Favorite

ペンライトをオリジナルでオーダーメイド

2018/6/28 更新

『葬儀 香典』 最新ツイート