葬儀に関する情報が満載!

そして別れ・・・ / ロゴ

葬儀での挨拶のポイントは率直に想いを伝えることです

葬儀での挨拶は喪主または遺族の代表がするものと弔辞とに大別されます。
喪主または遺族の代表が告別式でする挨拶のポイントは、参列者へ来て下さったことへのお礼と、故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを表現することです。
この場合、深い悲しみの中で心情を言葉にするのは難しいことであり、それは参列者も理解しているでしょうから、型通りの文であっても決して失礼にはなりませんが、できることなら短くてもいいので自分の言葉で心情を伝えたいものです。
一方、弔辞でのポイントは、故人の死を悼む気持ちと、遺族への慰めを表現することです。
多くの場合、故人とのエピソードを紹介しますが、故人の人柄が偲ばれるようなものがふさわしいでしょう。
決まった文面はないので、率直に心情を表せばいいのですが、注意しなければいけないのは、「重ね重ね」や「たびたび」のように不幸が再び起きることを想起させるような言葉(忌み言葉)を避けるということです。

葬儀における挨拶は書いたものを見て話せは良いのです

葬儀における挨拶は、喪主がお通夜や告別式の最後に参列していただいた皆様に、感謝の意味を込めて話しをするものです。
最近は葬儀業者にすべて任せて、喪主に代わって挨拶をするところも出てきました。
しかし、これは参列した人たちにとって何か府に落ちないものを感じるものです。
いくら、突然の不幸があって気が動転しているとはいえ、全く他人である業者が代わりにお礼を述べるのは筋違いというもので、手抜きと言われても致し方ありません。
普段話し慣れていない人や人前で話す機会などない人にとって、大勢の参列者の前で話すのは勇気のいるものです。
ましてや、何も見ずして話すとなれば、あらかじめ考えていた内容が真っ白になって忘れてしまうものです。
大切なことは、故人となった身内に代わって感謝の気持ちを表すことが重要なのです。
そのためには、あらかじめ文章を書いておいて、その文面を見ながら落ち着いて話せばよいことで、更に、多くを語る必要は全くありません。

pickup

犬のダイエットを検討する

Last update:2018/3/30

『葬儀 挨拶』 最新ツイート

@5colorstyle

「 父の葬儀の時も、忙しいのに松本は家にいてくれて、みんなにサンドイッチ配ったり、朝から晩まで。最後には親族の方に座って挨拶してたらしいです ( 笑 ) それぐらい親友は大切だと思いましたし、父のことも愛してくれてたんでね。 」… https://t.co/Aun3ZkPQM9

10時間前 - 2018年11月12日


@say0u0

無事お通夜が終わった 葬儀には出られないけどお世話になったからちゃんと挨拶ができてよかった うん

10時間前 - 2018年11月12日


@sougihajimete

初七日法要とその挨拶 | 葬儀はじめてネットワーク https://t.co/3KP3PjwkZr

16時間前 - 2018年11月12日