葬儀に関する情報が満載!

そして別れ・・・ / ロゴ

時代の流れと共に変化する葬儀の様式

葬儀というものは、死者を弔うための祭儀の一種であり、その様式には故人や故人の親類縁者などの死生観や宗教観に強く影響されることとなります。
葬儀と聞くと、仏教であったり、キリスト教であったりといった宗教、そういった宗教の中でもさらにカトリックであったり、プロテスタントであったりといったふうな宗派の違いなどによって異なった形式のものが行われるといった風にイメージを思い浮かべる人もいるかもしれません。
もちろん、現代のこういった祭儀において、宗教や宗派がその祭儀の様式に与える影響は非常に大きいものとなっているのですが、このような死者を弔うための祭儀の習慣自体は、この世の中に宗教というものが発生するよりも前から存在していました。
はるか昔にも洞窟の内部などに死者を埋葬し、その周辺に弔いのために花を添えるなどといったことが行われていたのではないかという報告は世界にも様々あります。
こういった、昔から行われていた祭儀が、のちに生まれた宗教という文明に影響され、その形を時代の流れと共に少しずつ変化させていったことで今の葬儀の様式が存在しています。
今後も、こういった様式は時代の流れと共に少しずつ変化していき、今を生きる私たちには想像もつかないようなものに変化していくということもあるかもしれません。

様々な葬儀に付いて知ろう。

今は葬儀と言っても様々な物があります。
一般的な葬儀から家族葬、直葬、海洋葬、音楽葬などがあります。
一般的な物としては葬儀社に依頼しご自宅に祭壇を作成、ご遺体の引き取り、安置、枕経を経て納棺となり、セレモニホールなどにて通夜、告別式をして火葬場にて火葬、骨拾いなどになります。
しかし、それ以外にも家族や親しい知人のみで行う家族葬もあります。
これは故人様が高齢のため参列者が少ない場合や故人様の意志によるものが多いです。
直葬は病院、施設などから直接火葬場にて火葬する事を言います。
通夜や告別式もせず身内だけで故人様をお送りします。
海洋葬は主に海へ散骨する事をします。
故人様が愛した海へお骨を撒いてもらいたい時などにします。
海洋葬はクルーザーや船をチャーターしてご家族を乗せ海で式をして粉砕したお骨を撒くことをします。
お骨をそのまま撒くことはできませんので業者に依頼して粉砕してもらう必要があります。
音楽葬はプロの音楽家による演奏の中で式を行います。
故人様の好きだった曲に送られて行きますので故人様もお喜びになられるでしょう。
様々な種類がありますが故人様の意志にそって式をされることが一番のご供養になります。

Favorite

トータルコーディネートでお得な着物レンタルはこちら。

留袖 レンタル

沖縄の実績がある建築会社です。

沖縄 建築会社

Last update:2018/3/14

『葬儀』 最新ツイート

@Deimos_bot

「灰より生まれし者は灰に帰れ」…か 華麗な葬儀だ

32秒前 - 2018年12月10日


@syozikin_5en

女装葬儀屋さんいいぞ…葬儀屋さんにいろいろきさせたい欲

55秒前 - 2018年12月10日


@machi_copybot

薬屋「夏だし怖い話、鳥肌が立つ話しましょうよ」 葬儀屋「さっき公園のベンチで寝てた骨董商が寝返り打って「んっ…」って若い女の子みたいな声を出してた」 林檎屋「ちょっと鳥肌立つな」

56秒前 - 2018年12月10日